お問い合わせ

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
件名
質問やコメント内容
プライバシーポリシーをご確認
 同意する
適合ライティング

JUST COPY

マーケティングゴールに向けた
全体最適化に適合するライティング研究

【経産省試算】AI(人口知能)は本当に人の雇用を奪うのかーインフォグラフィック(制作サンプル)

2016年4月、経済産業省が第4次産業革命に対応するための指針となる「新産業構造ビジョン(中間整理)」で公表された、「ロボットやAIが雇用にもたらす影響に関する試算」をまとめたインフォグラフィックです。

✳︎2016年5月に、弊社にてインフォグラフィックのサンプルとして制作したものです。

コンテンツの背景にある文脈として。「新産業構造ビジョン(中間整理)」では「ロボットやAIを導入しないと2030年までに735万人分の雇用が失われる」との試算結果が公表されましたが、2016年4月当時、一部メディアにてこれとは反対の「AI・ロボで雇用735万人減」という誤報道があり、AIやロボットの導入で仕事がなくなるという論調の広がりが見られたため、これに対して事実を報せることを位置づけ制作したものになります。